薬剤師がいる薬局で買えるロキソニンは色々な痛みに効きます

私は、何かと「痛み」に悩まされることが多く、我慢することが多くありました。

日常生活も送れないほどの痛みではなくても、時に毎日、時に半年に1度、それはとても苦痛でした。

そんな時に、ロキソニンという痛み止めに出会いました。

元々は、医療用医薬品(医師の処方箋が必要なお薬)で、貰ったことがきっかけで、その時は、生理痛が酷く婦人科でもらったことを覚えています。

その後、整形外科でも同じロキソニンが処方されたことで、気になり薬剤師の方にお話を聞きました。

現在はドラッグストアなどの薬局でも購入できるようになったことを知ってからは、用法用量の範囲で使用することで、痛みに向き合うことができるようになりました。

頭痛や、腰痛など痛みの種類や頻度は様々で重篤な症状の時は病院へ行くようにしていますが、明らかに痛みの理由がハッキリしている場合は、ロキソニンを服用して少し体を休めると飲まなかった時に比べて体の動きやすさが変わってきました。

もちろん、副作用など気をつけなければならないこともたくさんありますが、しっかりとかかりつけの医師薬剤師とお話をして用法用量を、守れば日常生活のちょっとした不安を改善することができると思いました。

参考:あんしん通販薬局 評判